輪島塗の起源

輪島塗の歴史は古く、現存する最古の輪島塗は室町時代の大永4年作と伝わる重蔵神社の旧本殿の朱塗扉といわれています。現在の輪島塗の技術が確立したのは江戸時代前期で、当時、北前舟の寄港地として栄えていた輪島は、その販路を利用して全国に輪島塗を流通させ、その堅牢さで高い評判を得ていました。その後、献上品として装飾性も求められるようになりました。その後、江戸中期の享保期に沈金が、江戸後期の文政期に入ってからは蒔絵が始められ、現代の輪島塗の形が出来上がりました。

輪島塗の華やかさ

漆器の塗り終わった表面に絵を彫り、金箔や金粉などを入れる装飾技法沈金。漆で絵や文字などを描き、金、銀や色粉を蒔いて表面に付着させる蒔絵。共に、高い技術と想像力が必要です。輪島塗は分業制で作られており、その道を究めた職人が輪島塗の華やかさを支えています。

輪島塗の堅牢さ

輪島塗の製作工程は、厚手の木地に生漆と米糊を混ぜたもので布を貼って補強するし、生漆と米糊そして焼成珪藻土を混ぜた下地を何層にも重ねる作業が、上塗り前に行われます。この手間暇が、輪島塗の堅牢性を支えています。

伝統的工芸品に指定された際の通商産業省による輪島塗の要件は下記の通り定められており、これを満たしていないものは本物の輪島塗として認められません。

商品一覧

〔「伝統的な工芸品産業の振興に関する法律」の定める輪島塗の定義〕
■伝統的な技術または技法

・下地塗りは、次の技術または技法によること

・木地に生漆を塗付した後「着せもの漆」を塗付した麻または寒冷紗を用いて「布着せ」をすること。

・生漆に米のり及び「輪島地の粉」を混ぜ合わせたものを塗付しては研ぎをすることを繰り返すこと。

・上塗りは、精製漆を用いて「花塗」または「ろいろ塗」をすること。

・加飾をする場合は、沈金または蒔絵によること。

・木地造りは、次のいずれかによること。

・挽き物にあっては、ろくろ台及びろくろかんなを用いて形成すること。

・板物または曲げ物にあっては、「こくそ漆」を用いて成形すること。

■伝統的に使用されてきた原材料

・漆は天然漆とすること。

・木地はヒバやケヤキ、カツラもしくはホオノキ、またはこれらと同等の材質を有する用材とすること。

生漆に米のり及び「輪島地の粉」を混ぜ合わせたものを塗付しては研ぎをすることを繰り返すこと。

・上塗りは、精製漆を用いて「花塗」または「ろいろ塗」をすること。

・加飾をする場合は、沈金または蒔絵によること。

・木地造りは、次のいずれかによること。

・挽き物にあっては、ろくろ台及びろくろかんなを用いて形成すること。

・板物または曲げ物にあっては、「こくそ漆」を用いて成形すること。

■伝統的に使用されてきた原材料

・漆は天然漆とすること。

・木地はヒバやケヤキ、カツラもしくはホオノキ、またはこれらと同等の材質を有する用材とすること。